ホワイトデー

息子が「ホワイトデー」だから、と、
抹茶のチョコとデコチョコで、おかえしを作ってくれてました。

二、三日前に、夜中にこっそりつくっておいたみたいです。

120314_182343

朝、二番目が

「あのね~。おかあさんにね~。ホワイトデーのね~。チョコつくってるんだよ。」

と、言ってしまったら、息子激怒して、本泣きしてました。

「なんでバラすんだよっ!」

すると、三番目が、

「怒るな!たまねぎ!」

一番上が、涙流しながら

「うるさい!たまねぎ!」

・・・なんで、たまねぎ、かっていうと。

週末に、わたしが男児2人の前髪をカットしてあげました。

ぱっつん前髪。ビートルズ風に(なってしまった・・・)。

週明けて。

ふたりして、学校でも、保育園でも、バレエ教室でも、

「たまねぎ」って言われたそうです・・・。

ごめんね、下手で・・・

ケンカの度に、互いに「たまねぎ!」言い合ってます。。。

ケークサレがはやってるみたいだけど。

雑誌には、ケークサレなる、お惣菜ケーキがはやっているみたいだけど、
オーストラリアにいるときは、
よく、モーニングティーで、そういう焼き菓子でてきたなぁ。。。

日本のものは、繊細で美しいけど、
もっとざっくりとして、
軽食みたいなかんじでした。

子どもは、あんまり食べないんですよね。

でも、当時手に入れた、バラの型で焼いた甘いケーキは
大好きみたいです。

私が作ると、どうしてもぱさついてしまうのだけど、
いいレシピないかなぁ・・・。

でも、やっぱり手作りならではの小麦と卵のいい香。

大満足。

Photo

チーズケーキを焼く!

昨日は、家族の誕生日でした。

夕ご飯は、子供たちが数日前から、「焼きそばにして~。」といい続けて
いたので、焼きうどんに、卵スープ。
大分の父が送ってくれた庄内梨をデザートに。

そして、少し早めに帰って作った「チーズケーキ」は、
ハッピーバースデーを歌って家族で食べました。

焼く前は、クリームチーズにダマが少し残ってしまったように見えたけど
焼いたら無くなってました・・・。

お味は、「美味しい」と言ってくれてたので、
まあ、大丈夫だったみたい。

家族が喜んでくれたのだったら。。。いいかな。

今月は、2人誕生日がいるので、もういっかい焼かないと。
今度は、パウンドケーキを研究してみよう。

熱しやすく冷めやすい私は、今、先日の取材いらい、
手作りのおやつにはまっていきそうな勢いです。

バレンタインデー

今日はバレンタインデーなんですね。。。

車のラジオで気づきました。

チョコレート・アディクションな私としては、今しか店頭に出てないレアな高級チョコレートを見て回るのがすごく楽しい。。。買うと食べてしまうので、最近食事を気遣っている身としては手を出さないように、がまん。
でも、今年は、ショッピングピンクや赤色をあしらっていたり、抹茶をたっぷりつかっていたりと、見ていて美しいチョコレートがたくさん。

ラジオのある番組では、ミーシャ・スペシャルらしく、懐かしい曲が流れていました。

まだ独身の頃の気持ちも思い出したりして、事務所に着いた後も少し車の中にいて、ミーシャを聞いていました。

すっかり忘れてしまっているけど、「恋」する気持ちというのか、ドキドキしたり、思い悩んだり、胸がぱんぱんになるくらい嬉しかったり・・・というあの気持ち。
再現してみたいなぁ。。。

そんなこと、そういえば2年ほど前、某テレビ局のシステム専門のロマンスグレー某氏が同じこと言ってたっけ。

今頃ですけど・・・同感です。